クレジットカードの審査落ちのまえにやること

クレジットカード審査に落ちたあなたがやること!

Just another WordPress site

カードローンを契約する際は事前に金利から利息をシミュレーションするのが良い!

読了までの目安時間:約 2分

カードローンを契約する際に一番気にするのが金利です。カードローンの多くは、銀行系のサービスであっても金利が15~18%と非常に高いです。また、消費者金融のカードローンであっても、金利が最大18%程に抑えられています。

今は、出資法と利息制限法の2つの法律から利息上限は最大で20%以下に抑えられています。しかし、消費者金融も慈善事業ではなく、利息による収益がなければ会社経営も出来ません。また、銀行も同様に以前までは預金を運用し、収益を得ていましたが経済情勢の悪化により、収益悪化が進み高い金利で融資せざるお得ない状況です。

そこで、カードローンを契約したとしても高い金利に苦しむといったことが顕在化しており、債務整理者および多重債務者の増加に繋がっています。本来であれば、低金利で多くの人に利用された方が、貸金業としてもリスク分散に繋がります。しかし、現在はリスク分散が難しい上、高い金利を維持しなければ なりません。

つまり、契約者側も賢い契約が必要となります。そこでオススメの方法は、消費金融の公式ホームページにある返済シミュレーションを活用します。金利18%で30万円を1年間で返済する場合、単純計算で利息が54,000円となります。しかし、実際には元本が減少するため、約30,000円の利息になりますが、毎月の返済は約28,000円となってしまいます。

このように契約前にどれだけの返済額になるのか、そして短期間で返済することを計画する必要があります。毎月の返済金額を少なくするため返済回数を増やすと元本は減らず、利息だけが膨らんでいきます。そのため、多重債務者が多発し、債務整理の申請および将来的な過払い金請求という手続きが必要になります。『ご利用は計画的に』というのは 間違いない事です。

 

この記事に関連する記事一覧